アロエベラは強い陽射しとミネラル豊富なサンゴ土壌ですくすく育ちます

042-587-5414 0120-688-078

アロエベラとは

はじめに


アロエについて知っておきましょう。

アロエは「ユリ科」でアフリカ原産の多肉植物。(※1)
ユリ科の仲間には、ニンニク、タマネギ、アスパラガスなどがあげられます。

日本でよく知られているアロエの品種は、キダチアロエ、アロエベラ、ケープアロエなどの品種です。

キダチアロエ


名前の通り「木立」を意味し、茎から枝が広がるように見え、木に葉がつくように成長します。
食用にも利用されていますが、昔から民間薬などで、このキダチアロエが使われています。
キダチアロエは葉が細く、葉の中身も少ないため、葉ごと利用することも多いそうです。
葉と葉肉をまるごと利用されることから、アロイン(バルバロイン)の過剰摂取に注意しなければなりません。

アロエベラ


アロエベラは葉が折り重なるように、根本付近から放射状に大きく成長します。
様々な品種がある中、健康食品や化粧品に最も多く利用されているのがアロエベラです。
世界的に見ても、「アロエ=アロエベラ」という認識も多いそうです。
アロエベラは一枚の葉がとても大きく、葉の中身も多いため、大きいもので一枚で約1㎏をゆうに越します。

ケープアロエ


立ち姿が美しく、1.5m位の背丈があり、日本薬局方(※2)に基原植物としても収載されているアロエになります。
主にアフリカーナやフェロックス種を指してケープアロエと呼ばれているようです。
日本薬局方に収載され、肉厚の葉の液汁を濃縮、乾燥したものを利用し、漢方ではロカイと呼ばれています。
各種の医薬品として規定されており、食品(飲料)の使用は許可されていません。

※1 多肉植物…  葉、茎または根の内部の柔組織に水を貯蔵している植物の総称のこと。
※2 日本薬局方… 薬事法第41条により、医薬品の性状及び品質の適正を図るため、厚生労働大臣が薬事・食品衛生審議会の意見を聴いて定めた医薬品の規格基準書のこと。

アロエベラとキダチアロエの違い…

日本では、アロエというとキダチアロエという認識も多いのですが、海外ではアロエベラという認識が一般的です。
同じアロエの品種ですが「外見」は勿論、両方に含まれている成分の「質」や「量」は化学的に見ても違がいます。

外見上では、キダチアロエは木のように上に伸び、茎から枝分かれして育つイメージで、
アロエベラは土から葉だけが根本から成長し、放射状に大きく育つイメージになります。

一枚の葉の大きさはアロエベラの方がとても大きく、葉肉の透明なゲルも多いため、
ヨーグルトやジュースなどに利用されていることが多いのはアロエベラになります。

味の違いでいうと、キダチアロエは「葉の皮」と「葉肉」の全体を利用するため、かなりの苦味があります。
アロエベラは「葉の皮」の部分は医薬品としてのみ利用され、「葉肉」のみ利用するため、苦くありません。

また、成分の量でもアロイン(バルバロイン)という苦味成分がキダチアロエの方が多いためとされています。
主に使用されている原材料で、味の違いではこのような理由が考えられています。



アロエの使用される成分の本質を見てみましょう


名称 主に医薬品として
使用される成分本質(原材料)
効能効果を標記しない限り
医薬品として判断しない成分本質(原材料)
成分名
アロエ アロエベラ
ケープアロエ
葉の液体成分 葉肉(ゲル部分)、根 アロイン
 (バルバロイン)
キダチアロエ 全て使用可


アロイン(バルバロイン)という苦味成分は、主に「葉の皮」の部分に多く含まれています。

法律によりアロエベラは、「葉の皮」など、使用する部位によって医薬品にしか使えませんがキダチアロエの場合は、
標記しない限り医薬品として判断されないため、「葉の皮も含めた全体」が食品などにも使用されています。

アロエ自体の摂取で「お腹がゆるくなった」「お腹が痛くなった」などの事例がありますが、原因の一つに
キダチアロエを利用したものにアロイン(バルバロイン)などの成分が含まれた状態での摂取が考えられています。

ただし、他の成分でも腸内環境をスムーズにする作用が考えられるため、
自身の体調管理や体質を理解し、アロエ自体の過剰摂取にも十分な注意が必要です。
また、キダチアロエをはじめとしたアロエは、ほぼ全品種がワシントン条約の保護の対象とされ輸出入が
厳しく制限されており、唯一栽培種としてアロエベラはワシントン条約の保護規制の対象から外されています。
そのため、ヨーグルトや健康食品に使われているアロエのほとんどは「アロエベラ」となっています。


アロエの主な栄養素

アミノ酸  ・アラニン ・アルギニン ・アスパラギン酸 ・グルタミン酸 ・グリシン ・ロイシン ・メチオニン
 ・リジン ・フェニールアラニン ・トリプトファン ・チロシン ・バリン ・ヒスチジン ・イソロイシン
ビタミン類  ・ビタミンA ・ビタミンB1 ・ビタミンB2 ・ビタミンB6 ・ビタミンB12
 ・ビタミンC ・ビタミンE ・葉酸
ミネラル類  ・カルシウム ・マグネシウム ・ナトリウム ・マンガン ・リン ・カリウム
 ・銅 ・亜鉛 ・鉄分 ・モリブデン ・コバルト ・塩素 ・ヨウ素 ・イオウ

注意

・これらの作用と成分内容は「栄養機能食品および健康補助食品」としての説明をした表示ではありません。
・全ての表記は、実際に使用される際に成分が合致するかよくお確かめください。
・示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも作用や効果を保証したものではございません。
・健康食材および飲料などとして用いられていますが、その効果を保証するものではありません。
・化粧品および美容液などとして用いられていますが、その効果を保証するものではありません。
・各栄養素および効果・効能の正確性には万全を期しておりますが、完全性を保証したものではございません。
・ご自身の医療(病気)および栄養管理の情報に関しては必ず専門機関にご相談ください。