kitchen windowsill plantって?

アロエの歴史, アロエベラ

“kitchen windowsill plant”直訳すると、台所の窓辺に置く植物 

さて、これは何のことでしょう?

そう、アロエベラの事なんです。

アメリカの南西部では、ちょっとしたケガや火傷の応急処置のため、救急箱代わりにキッチンにおいている家庭が多いそうです。

アロエベラ

日本でも、キダチアロエの鉢植えが玄関先に置いてある家が多いですよね。
最近は少なくなってしまったかもしれませんが、軽い火傷や、すり傷に、ポキッと追って、その中のゲルを傷口に当てた、という経験がある方も多いのではないでしょうか。

アロエは「万能薬」や「医者いらず」と言われ、古くから人々に親しまれてきました。

アロエには「サルチル酸」という成分が含まれており、これが皮膚の炎症を抑えてくれます。また、「アロエチン」という殺菌効果のある成分が傷口の雑菌やばい菌を退治してくれるといわれています。

アロエベラ

とはいえ、大きなけがや傷、火傷はもちろんお医者さんに診てもらって、
しっかり治療してくださいね!

関連記事一覧

関連記事はありません。