コーラルが厳選したオリーブオイル

最高品質のオリーブオイルをご家庭や贈り物に。

  • HOME
  • コーラルのオリーブオイル

酸度0.1%!農園と品種にもこだわったAOVE

AOVEとは、スペイン語で”Aceite de Oliva Virgen Extra” 。すなわちエクストラバージンオリーブオイルのこと。
オリーブオイル生産量NO1のスペイン産で、最高ランクのAOVEの中でもワンランク上、酸度0.1%のエクストラバージンオリーブオイルです。由緒ある農園で、希少な品種で作られています。

スペイン産 エクストラバージンオリーブオイル

『オリーブオイル』はオリーブの実を絞ったフレッシュジュース!

ご家庭でも日常的によく使われ、菜種油やひまわり油などのシードオイルはその名の通り、植物の種から精製されているオイルですが、オリーブには種ではなく果実にオイルが含まれています。
オリーブの果実を絞って作られるオリーブオイルは、オリーブの果実100%のジュースと表現されることもあり、上質なバージンオリーブオイルはさらさらしていて、そのままオリーブオイルだけで飲むことができます
オリーブオイルの品名に「エクストラバージンオイル」や「ピュアオリーブオイル」などの記載がありますが、国際オリーブオイル協会(IOOC)という国際的なオリーブオイルの品質を定義している機関が明確に基準を定義しています。
オリーブオイルの酸度というのはオリーブオイルに含まれる遊離脂肪酸の割合で、遊離脂肪酸はオリーブを収穫してからオリーブオイルに加工される時間経過と共に増えるため、オリーブオイルの酸度は新鮮さを表しています
この基準の中で酸度0.8%以下のフレッシュな最上位のエクストラバージンオイルの中でも、コーラルが厳選した「ベロヤーナレヒオ10 エクストラバージンオリーブオイル」は酸度0.1%という高品質のオリーブオイルです。

国際オリーブオイル協会(IOOC)の基準

バージンオリーブオイル (1)エクストラ
バージンオイル
酸度 0.8%以下(酸価 1.6以下)
コーラル厳選AOVEは酸度0.1%!
(2)バージンオイル 酸度 2.0%以下(酸価 4.0以下)
(3)オーディナリー
バージンオイル
酸度 3.3%以下(酸価 6.6以下)
(4)ランパンテ 酸度 3.3%(酸価 6.6)を超えるもの
3.3%以下でも香り・味に欠点があるもの
精製工程用及び工業用で直接食用には不適
(5)リファイン(精製)
オリーブオイル
酸度 0.3%以下(酸価 0.6以下)
バージンオリーブオイルに(4)ランパンテなどをその脂肪酸組成を変えない範囲で精製したもの
(6)ピュアオリーブオイル 酸度 1.0%以下(酸価 2.0以下)
(7)クルードオリーブ
ボマースオイル
オリーブの搾りかすを溶剤で抽出したもので、精製工程及び工業用
(8)精製オリーブ
ボマースオイル
酸度 0.3%以下(酸価 0.6以下)
食用として(7)を脂肪酸組成を変えない範囲で精製したもの
(9)オリーブボマースオイル 酸度 1.0%以下(酸価 2.0以下)ピュアとの表示不可
(8)とバージンオリーブオイルをブレンドしたもの

バージンオリーブオイルにはビタミンなどの栄養素(ビタミンA、βカロチン、クロロフィル、ビタミンE、ビタミンD、ポリフェノール)が豊富です。
そして抗酸化物質も含まれていて、活性酸素を抑制するとも言われています。

イタリア・スペイン・ギリシャなど地中海周辺の国々のお料理は「地中海食」と呼ばれていて、様々な料理にオリーブオイルがたくさん使われており、「地中海食」にオリーブオイルは欠かせないものです。
これら「地中海食」の食生活を送る地域の人々は心臓疾患のリスクが少ないというお話を聞いたことがある方も多いと思います。
地中海沿岸の食生活でたっぷり使われているオリーブオイルが善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らし、脂肪の酸化を防いで動脈硬化などの疾患を予防することもわかっています
アメリカでは米国食品医薬品局(FDA)がオリーブオイルには虚血性心疾患を予防する一定の効果があることを認めて、オリーブオイルの商品ラベルに効能をうたうことが許可されています。

実はスペインだった!オリーブオイルの名産地

スペイン地図

コーラルがセレクトした「ベロヤーナレヒオ10 エクストラバージンオリーブオイル」は、スペインで製造されています。
日本に輸入されているオリーブオイルはイタリア産が最も多いため、オリーブオイルといえばイタリアと日本では思われていますが、実はオリーブオイル生産量世界一はダントツでスペインなのです。世界のオリーブオイルの約4割がスペイン産です
生産量2位3位はイタリア、ギリシャとなっていますが、スペインはオリーブオイルの栽培に最も適した気候だからこそイタリア・ギリシャと比べ物にならないくらいの量のオリーブオイルを生産することができるのです。

ワインの原料であるブドウと同じくオリーブにも品種があり、コーラルがセレクトした「ベロヤーナレヒオ10 エクストラバージンオリーブオイル」はアルベキーナ種のオリーブから作られています。
生産が限定されているこのアルベキーナ種のオリーブは繊細な風味と芳醇でフルーティーな香りで知られる高級品種で、スペイン アンダルシア州 コルドバの由緒ある農園Finca Duernas(フィンカ・ドゥエルナス)で、ヨーロッパ規格においてオーガニック栽培で育てています。

スペイン産 エクストラバージンオリーブオイル

コーラルの厳選したオリーブオイル「ベロヤーナレヒオ10 エクストラバージンオリーブオイル」は、スペイン アンダルシア州 コルドバで栽培されたアルベキーナ種のオリーブを収穫後すぐに工場で独自の非加熱製法で加工します。混ぜ物の無い100%アルベキーナ種のオリーブで、酸度0.1%のフレッシュなエクストラバージンオリーブオイルに仕上げました。
オリーブオイルを製造する工場も国際食品規格(IFS)の有機認証取得していて、まさに最高品質と自負しています。
生産が限定されているこのアルベキーナ種のオリーブを使用しているので、日本国内であまり目にすることができませんが、アロエベラを無農薬の有機栽培しているコーラルだからこそ取り扱うことが可能なオリーブオイルです。

口にするとすぐに違いがわかる品質の高さは、ご自宅だけでなくご友人へのギフトにも最適です。コーラルショップでは2本用のオリーブオイルのギフトセットもご用意しております。